Subscribe to RSS Feed ログイン

でぶっちょスマフォ

Saturday
2019年3月23日

減量とリバウンドについて

減量するときどんな人でも心配なのがリバウンドして以前より太ってしまうことです。減量に伴うリバウンドは、どうして起きるのでしょう。リバウンドは減量した人であれば多かれ少なかれ誰でも経験する問題です。減量によって一旦体重を落とすことができたけれど、直後に体重が増加して元通りになってしまうものがリバウンドです。リバウンドと減量を交互に繰り返していると、ダイエットの効率が悪くなって、痩せづらい体質になってしまいます。減量時にリバウンドが発生するのはどうしてでしょう。リバウンドは人間が持つ環境の変化に適応する能力です。今まで食べていた食事の量を減らし、体内に蓄積されている脂肪を燃焼せようとすると、人体は食事の供給量が急に減っても命を保とうとし始めます。人間の体は生命維持のためにどうにか環境の変化に対応しようと、少ないカロリーでも生活できるようにエネルギー消費量を減らしたり、体重の急激な変化をおさえたりします。体が飢餓状態になった時に、ダイエットをやめて減量前の食事をすると、代謝は増えず、脂肪の蓄積量は増えて、体重が増加するという仕組みです。減量を続けていると、ある時急に、体重の減少が鈍化します。体重の停滞期の入っても、減量を継続することによって、リバウンド対策ができます。