Subscribe to RSS Feed ログイン

でぶっちょスマフォ

Saturday
2018年11月17日

肥満のさまざまな原因とその改善方法

一日で使い切れないほどのカロリーを食事で摂取する日が続くと、少しずつ体重が増えて肥満になります。

一日の運動量や、食事量には個人差がありますので、なぜカロリーバランスが偏るかは、一人一人で異なります。よくある原因としては、食べる量が多すぎて、高カロリーの食事を毎日続けていたということがあります。例えば、健康状態に問題がある気もしないし、一日の活動量も人並みに動いているつもりでも、食べる量が多ければ、肥満になる場合があります。体を維持するための食事はするべきですが、楽しみのための食事はほどほどにする必要があります。十代、二十代のころは食べ放題でたっぷり食べても問題がなかった人が、三十代、四十代になっても変わらない食事をしていると太り始めます。カロリー摂取の他に、便秘気味の人は、肥満になることが少なくありません。肥満になりやすい体質として、体内に水分や老廃物を貯め込んでいたり、いらなくなったものを体内にいつまでも留めていることがあります。腸の内壁は、体が必要としている栄養を吸収するようにできています。腸の中に長く物が留まっていると、栄養吸収作業を続行します。大腸に長時間便が留まっていると、どんどん水分が抜かれていってカチカチに固くなり、腸内で押し出されにくくなります。お通じをよくするには、便秘改善にいい食事をとることや、食物繊維を含む食べ物を意識して摂取することです。腸の善玉菌を増やす食べ物や、食物繊維の多い食べ物を食べ、適度な運動をして、ストレスを解消することで、便秘改善による肥満対策として効果的です。
ローヤルエンザミン酵素がおすすめです!健康ダイエットの効果効能は?